[MSDN]MSDNサブスクリプションについてくるOfficeのライセンスについて

2018/08/20更新

「Visual Studio xxx with MSDNサブスクリプション」は「Visual Studio xxx サブスクリプション」に名称変更されたようです。
サブスクリプションの機能(サービス)リストはこちらを参照ください。→Visual Studio サブスクリプションの機能リスト

超まとめ

MSDNサブスクリプションにはOfficeの業務利用可能ライセンスがついてきますが、次の点に注意が必要です。

  • 業務利用は1つのデバイスでのみ。
  • 開発用途は制限なし。ただし、「開発用途」とは「設計、開発、テスト、デモンストレーション」だけで、「開発に関わる業務」はNG。
    • 例えば開発のためのプロジェクト管理や情報共有等はNG。
    • おそらくOKのケースの方が少ないと思われます。
Microsoftのページから抜粋
Microsoftのページから抜粋

参考

特にVisual StudioとMSDNのライセンス ホワイトペーパーが例外事項とかについても詳しく記述されていますので、迷ったら読んでみるのがよろしいかと思います。

One Reply to “[MSDN]MSDNサブスクリプションについてくるOfficeのライセンスについて”

コメントを残す