ロードバランサーの種類

ロードバランサーには次の3つがある。

  • パブリックロードバランサー
  • 内部ロードバランサー
  • リージョン間ロードバランサー

パブリックロードバランサー

インターネットとAzure仮想ネットワークの間に配置するロードバランサー。
ロードバランサーがパブリックIPをもち、Azure内からのトラフィックをNATできる。

内部ロードバランサー

Azure仮想ネットワーク内のリソース間の負荷分散をするためのロードバランサー。
ロードバランサーはプライベートIPのみを持ち、インターネットとの通信は行えない。

リージョン間ロードバランサー

リージョン間でインターネットからのトラフィックを負荷分散するロードバランサー。
パブリックロードバランサーの親として配置するもの。パブリックロードバランサー以外をバックエンドに持つことはできないので、パブリック/内部ロードバランサーとは毛色がちがうもの。

参考資料

コメントを残す