Azure  Storageでの静的WebサイトホスティングとカスタムドメインとHTTPS

Azure Storageで楽々静的Webサイトホスティング

Azure Storageに配置したオブジェクトにはURLが付くので、そのまま静的なWebサイトとしてホスティングできます。Single Page ApplicationのHTML/JavaScriptをAzure StorageでホストしてバックエンドはAzure Functionsとかで組むというWebアプリの構成もアリ。

参考→ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/blobs/storage-blob-static-website

ストレージアカウント→[構成]→「安全な転送が必須」を「有効」にすればHTTPS必須化もワンタッチです。

参考→ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/common/storage-require-secure-transfer

カスタムドメインを使おうとすると罠がある

簡単できるAzure Storageでの静的Webサイトホスティングですが、ここで1つ罠が。

Azure Storageにつく通常のURLはあくまでもMicrosoftが用意したURLで、https://xxx.yyy.core.windows.net/〜 っていうcore.windows.netのサブドメインです。これでサービスするのは厳しい。カスタムドメインを使いたい。

Azure Storageにカスタムドメインを付けることはできるのですが、これがHTTPSをサポートしてていない。つまり、「安全な転送が必須」オプションでのHTTPS必須化とカスタムドメインは両立しないというわけです。

この問題は解決できないわけではなく、HTTPS部分をAzure CDNにやらせれば、カスタムドメインとHTTPSを両立することができます。ちょっと面倒ですがわざわざWebサーバーをホストする手間に比べればって感じかな?

詳しい手順はこちら参照 → https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/blobs/storage-custom-domain-name?tabs=azure-portal#map-a-custom-domain-with-https-enabled

コメントを残す